自転車 膝 痛み 膝痛 鵞足炎 対処 治療 方法

自転車の膝痛の1つ 鵞足炎の対処と治療方法

スポンサーリンク

 

 

なってしまうとしつこい鵞足炎・・・。鵞足炎の治療方法をまとめました。

 

応急処置(RICE)
応急処置でも直らない場合の対処と治療方法

 

 

まずは応急処置を行います。
(1)症状が出たら運動を止め早めに安静にします。(REST)
(2)アイシングを行います。(ICE)
(3)痛みが出る部分にさらしや包帯を巻いて固定します。(COMPRESSION)
(4)膝を楽にさせるために横になり上半身より脚を高い位置に置きます。(ELEVATION)

 

 

スポンサーリンク

 

 

(1)最初にとる対処方法
病院を受診してください。ここでいう病院とは整形外科のことです。膝の痛みは原因が分かりづらいのが特徴です。
鵞足炎のような筋肉の炎症だけではなく、骨や靭帯に異常がある可能性があります。実際にそういう場合は、自分では対処や治療が困難です。
(2)最初は安静にすることこそ治療
病院の先生によっても違いますが、痛みがあるうちは運動を控えたほうがいいです。
私の場合ははっきりと病院の先生に控えてくださいと言われなかったので、自分の判断で自転車に乗り続けてしまい、なかなかよくならず慢性化してしまいました。
痛みがあるということは炎症が起こっている特徴ですから、ひとまず安静にしましょう。

 

(3)鵞足炎の痛みが治まってきたら
痛みが治まってきた後の対処ですが試してもらいたい方法は膝周りの筋トレやストレッチです。
筋トレやストレッチは鵞足炎の対処方法の1つです。

 

基本的な筋力と筋肉の柔軟性の向上を意識して運動時における鵞足部分の負担を減らします
。とても地道な努力を必要としますが、これが鵞足炎を長期化または再発させない重要な治療方法です。

 

これは私の場合ですが、右脚より筋力も柔軟性もないほうの左膝に鵞足炎の症状が出ました。
この時に筋力と柔軟性は膝痛と密接に関係しているというのを自分の身体を持って知りました。
それからと筋トレやストレッチをやり始めましたが、これがなかなかしんどくて、何度か挫折してしまいました。

 

筋トレやストレッチは他の運動と違ってとても地味なんですよね。でも筋トレやストレッチは1回や2回ではあまり効果がありません。
継続することが最も効果があります。
たとえ毎日できなくても自分の生活の中で少しでも時間があればやろうと思うのが大切かもしれません。

スポンサーリンク