自転車 膝 痛み 膝痛 対処 方法 インソール

自転車乗車時に膝痛の対処方法 インソールを入れてみる

スポンサーリンク

 

自転車乗車時に膝痛が起きてしまう場合は、インソールを入れてみましょう。
もしくは、今現在インソールを入れている人はそのインソールを変更してみるといいかもしれません。
インソールを入れることによって靴の中で固定されていない足の向きを固定し、自転車のペダルをこぐときの膝にかかる負担を減らします。
膝痛が靴の中の足の動きによって起こっている可能性があるため、インソールを中に入れます。自転車乗車時、ペダリングをする際はこの靴の中の足の位置が大切です。
実際にやってみるとわかるのですが、靴の中にインソールを入れる前と入れた後では膝の動きがまっすぐになります。
これは自転車のフィッティングの時も使われる方法で、インソールを入れた状態で屈伸をし、曲げた時の膝の角度がまっすぐになるかどうか確認をします。

 

 

スポンサーリンク

 

私の場合は、屈伸をした時にどうしても膝が内側に入ってしまっており、その影響か内側に膝痛を抱えていたため、それを緩和することを目的としてインソールを入れました。
インソールを入れた結果、内側に入っていた膝がインソールを入れていない時よりも膝の角度がまっすぐになり、自転車乗車時のペダリングが矯正されました。

 

このようにシューズやその中のインソールがペダリングに関わってくるということを知って驚きましたが、膝痛がペダリングが原因で起きている場合、自転車乗車時の膝痛の対処方法として効果があるものの1つだと言えます。
インソールと一口にいってもたくさんの種類がありますので、
自転車が原因で膝痛を抱えてインソールを購入する時は、お店で実際に試してみて足にフィットするかを確認してください。
また、インソールの枚数ですが、何枚入れるかは人それぞれです。できる限り膝の角度をまっすぐにするためなら何枚か重ねて入れる人もいます。
私の場合は、つま先部分だけのインソールを最初に入れ、そのあと普通のつま先からかかとまでのインソールをいれて2重の状態にしました。

 

 

スポンサーリンク