自転車 膝痛 治療 早めに

自転車に乗って膝痛に気が付いたら治療は早めに

スポンサーリンク

 

 

自転車に乗っている時に膝痛に気が付いたら治療は早めにしたほうが良いです。その理由は膝痛が一度起きるととてもしつこいものだからです。
治療に早めに取り掛かることができれば膝痛が早く治り、自転車復帰も早まります。

 

自転車に乗っている時に膝痛の一歩手前の膝の違和感に早めに気づくことが早めの治療につながります。自転車に長時間乗ってペダルを回し続けると膝痛が起こる、
あるいはダンシングをすると膝痛が起こる、逆にシッティングの時に膝痛が起こる、など人によって違うと思いますが、早めに病院に行き治療を受けましょう。

 

スポンサーリンク

 

自転車乗車時に起こった膝痛は、他の体の部分、例えば腰や首の痛みよりも深刻だと言われています。
自転車に乗る人の間では膝痛が起きている時点で故障と言われているくらいです。

 

そんな膝痛をほったらかしするのは危険です。何が原因で膝痛が起こってしまうかによって対処方法は変わりますが、痛みが慢性化しないうちに治療をスタートするのが良いです。
一番良くないのは、膝痛をかんじながらも我慢をしてしまい自転車に乗り続けることです。

 

痛みが出ているということはすでに膝に炎症が起こっている証拠ですから、安静にし、自転車に乗った時に膝痛が起こらないように原因を探りましょう。
これが大変で時間がかかる場合がありますが、一つ一つ考えられる原因をつぶしていくことが自転車乗車時の膝痛を再発させないことにつながります。

 

また、治療を受ける時には、長期間かかることも視野に入れておくと、精神的に落ち込まないですみます。完治する前に自転車に復帰、その後またすぐに膝痛再発、というのはよく聞く話です。自転車に乗って膝痛が起こったら様々な治療を徹底的に試しながら原因を追究するのが、前向きなやり方です。私は最初なかなか前向きにはなれませんでしたが、長期戦を視野にいれていると、そうでもありませんでした。必ず完治させて自転車に復帰するぞという気持ちが支えてくれました。

 

 

スポンサーリンク