自転車 膝 痛み 膝痛 鵞足炎 治療 期間

鵞足炎の治療の期間はどのくらい?

スポンサーリンク

 

自転車に乗っている時に起こる内側の膝痛の原因として鵞足炎があります。鵞足炎になってしまったらいつ治るのか、治療を続けていると不安になってきますよね。
今回は鵞足炎の治療期間について以前鵞足炎と診断された私の経験から書きたいと思います。

 

 

鵞足炎と言われたら長期戦を覚悟しよう

 

自転車に乗った時に内側に膝痛が出てからたくさんの病院、整形外科、整骨院、鍼灸院に行きましたが、そこで何回か鵞足炎と診断されました。

 

医者や柔道整復師いわくスポーツや激しい運動を行うことで膝に負担がかかったとか。

 

整形外科では、治療として今ある膝痛を緩和することを目的に、塗り薬をつけてマッサージを行うようになりました。やってみても効果は出ませんでした。

 

同時に理学療法士の人についてストレッチの方法を教えてもらいました。期間として1か月くらい理学療法士の人と一緒にストレッチを行いましたが、特に痛い部分を何度も押されて逆に痛い思いもしましたし、効果もなかなか出ませんでした。次に鍼灸院では鍼治療を受けました。何度かしゃがんだりして膝のどのあたりが痛いのか確認され、鍼を打ってもらいました。

 

これが格段に効いたのですが、効果があったのは3日間くらいで、その後はやっぱり痛くなってしまいました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

一通り病院を試しても良くならず私は焦りました。私の場合は、病院に行った頃にはもうだいぶ鵞足炎の症状が慢性化していたというのもあったんですが、病院に行けばどうにかなるだろうという甘い考えがあったので痛みが治まらず歩くだけで痛いという症状が長い期間続くと精神的にもきつかったです。

 

その後鵞足炎になったら自分で治そうと努力をしなくてはいけないし、鵞足炎の治療には長い期間が必要ということを知りました。
人によっても違うと思いますが、私はまず自転車に乗ることを完全ストップ。
膝の痛みが緩和したら柔軟性の向上と筋力アップのためストレッチや筋トレを開始し、以前よりは鵞足炎の症状は良くなりました。
。最初鵞足炎と言われてから、すぐに3〜4か月治療に専念しなくてはいけなかったと思いました。
そこで手を抜くと私のように鵞足炎の症状が慢性化し、治療期間がどんどん伸びていってしまいます。
鵞足炎の治療期間に自転車に乗った時にまた痛みが再発しないように、知識を得ることも重要です。

 

 

スポンサーリンク