自転車 膝 外側 痛み 腸頸靭帯炎

自転車で膝の外側の痛み・・・腸頸靭帯炎かも

スポンサーリンク

 

 

自転車に乗っている間に膝の外側が痛い・・・そんな経験をしたことはありませんか。
自転車に乗っている時に膝が痛くなる経験をしたことがある人はわかると思いますが自転車に乗っている時の膝痛ほど残念で不快なものはありません。膝痛の中でもとりわけ経験したことがある人が多い膝の外側の痛みについてお話します。

 

腸頸靭帯炎
腸頸靭帯炎と診断されたら

 

 

自転車に乗っている時に起こる膝痛として外側が痛むものがあります。
その原因としてよく言われるのが腸頸靭帯炎です。
たくさんの人が悩まされている症状で、自転車初心者からベテランまでこの症状に苦しんでいます。
私が苦しんだ鵞足炎は内側が痛む症状ですが、自転車の膝痛で悩んでいるというと、だいたいこの腸頸靭帯炎か鵞足炎です。

 

腸頸靭帯炎とは脚の付け根のあたりから膝の辺りまで走ってる腸頸靭帯という筋肉が自転車乗車時に様々な理由で炎症を起こすことで膝の外側が痛む症状です。
自転車以外でもジョギングやマラソンなどを行っている人がよくなるみたいでランナー膝とも言われています。腸頸靭帯炎は発症すると長引いてしまうことも結構あります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

外側の痛みを早くなくして自転車に復帰したい!でもどうしたらいいのかわからない・・・。
自転車で膝を痛める人ほど自転車が好きで練習も一生懸命してきたという場合も少なくありません。
自転車で腸頸靭帯炎を発症した場合、具体的に何が原因か考えることが大切です。

 

最初は自転車のポジションが自分に合っているか調整をしてみましょう。現在のポジションをサドルの高さ、サドルの前後、ハンドル、クリート位置等などを見直してみましょう。
一般的にポジションが合っていないと自転車に乗ることが身体の負担となってしまい膝痛を引き起こしやすいです。膝の外側が痛い場合は、ペダリングが原因とも言われます。

 

正しいポジションであれば正しいぺダリングを、しやすいとも言えます。サドルを下げる、クリート位置をすこし内股寄りにして改善することもあります。原因を突き止めることができれば、腸頸靭帯炎の再発防止にもなりますし今後の自転車ライフがより良いものになります。

 

 

スポンサーリンク