自転車 膝痛 治療方法 鍼治療

自転車乗車時に起きた膝痛の治療方法 鍼治療編

スポンサーリンク

 

 

私が自転車の乗車時に膝痛を感じてから半年ほどたった頃、まだ膝痛に悩んでいました。よくなったと思っても自転車に乗ってペダルを回すと痛みがでてしまう・・・。
自転車に乗るたびに膝痛が勃発してしまう事実にうんざりとしながら、まだ行ったことがなかった鍼治療を試すことにしました。

 

まずは鍼灸院探し
実際に鍼治療を受けて

 

 

鍼治療と聞くとどんな印象を持ちますか。鍼で身体を直してもらったり、鍼治療に行ったことがある人の話しを聞いたことがあると、鍼治療は有効な治療方法の1つと思えるかもしれません。当時の私は完全に疑っていました。けれども整骨院や整体、整形外科のよくある治療ではどうしても痛みがとれなかった私は藁にもすがる思いで鍼灸院を探しました。
鍼灸院を探す上でのポイントは、

 

・自分が通いやすい立地か
・評判
・スポーツに明るいか

 

この3つです。まず鍼治療はその性質上、1回で完治させるような治療ではないということを知り、休日通うことも考えて家から近いところで決めました。
評判については言わずもがな、最後の鍼灸師がスポーツをする人か、またはスポーツ選手などに対し施術を行ったことがあるのかというところは大事なポイントです。
自転車が原因で膝痛が起こってしまった経緯について理解してもらえるかどうかは重要です。この3つのポイントにプラスするなら、膝痛の施術を得意分野としてあげているところです。
鍼灸師によって得意分野もそれぞれ、今までどういうお客さんを相手にしてきたかで、鍼治療の施術の経験も変わってきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

試してみようかなと決めた鍼灸院に実際に行きました。自分がスポーツタイプの自転車に乗っていること、自転車の乗って膝痛が起こってしまったこと、その膝痛が長い間治ってない
ことなどを伝え、鍼治療を受けました。帰るときに驚きました。ずっと痛みがあった左膝の痛みがその鍼治療を受けた時に全く取り除かれていたのです。
今思えばすぐに効果があったのは、症状がひどかったからかもしれません。しかし残念ながらその効果は長く続かず、3日後には自転車で痛めた膝部分が傷んでしまいました。
鍼治療は長く時間がかかるという話は本当かもしれません。私の場合、2ヶ月間そこでお世話になりましたが、結局のところその間に完治はしませんでした。ただ私はその鍼治療を受けている間も週末になれば自転車に乗っていたので完全安静の状態だったら、完治したかもしれません。後々後悔がないように鍼治療を受ける際には、自転車は我慢したほうがいいかもしれません。

 

 

スポンサーリンク